富山での産業廃棄物収集運搬業許可申請(新規・更新・変更等)手続き代行なら横倉行政書士事務所へ。許可取得後もしっかりサポート!

HOME » 業務日誌 » 富山市の特車申請 | 富山産業廃棄物収集運搬業許可申請サポート

富山市の特車申請

2017/10/16

富山市内の特殊車両通行許可申請

区間

富山県富山市水橋入江~富山県富山市下冨居2丁目13
※下図青線区間

申請車両

重さ指定道路の状況

許可が必要な区間

新規格車は重さ指定道路を自由に走行できることから、許可が必要なこととなる区間は上図赤線区間になります。

対象となる申請窓口

  • 富山県 ※下図紺線区間
  • 富山市 ※下図緑線区間

許可が必要な区間にかかる申請窓口は富山県と富山市であり、富山市は一括申請を受理することはできなことから、申請窓口は富山県となり、常願寺川以東については立山土木事務所の管轄になることから、立山土木事務所(1階にある申請窓口)に申請することになります。

提出書類

更新申請ではありますが、前回申請時とは異なる窓口に申請するため、書類一式が必要です。(前回は、国土交通省 北陸地方整備局 富山河川国道事務所へ申請)

  • 申請書(様式第一および様式第二)
    ※様式第一の申請代理人欄に行政書士の職印を押印
  • 通行経路表
  • 通行経路図
  • 車検証
  • 委任状
  • 前回申請時の許可書類一式
    ※国土交通省 北陸地方整備局 富山河川国道事務所へ申請したもの

※申請書(様式第二)は不要であったと思われる(車両の通行の許可の手続等を定める省令6条)
※申請書、通行経路表、通行経路図については、前回オンラインで申請したもののデータを再利用。申請者の代表者が変更となっていたため、その部分の変更と、道路情報便覧が変わっていたため、デジタル地図経路作成システムにて経路を修正。
※更新時期の定めはないため、早めに申請してもOK。申請書の「通行開始年月日」を、前回の許可満了日の翌日にして申請。

結果

  • 申請から許可が下りるまでにかかった期間:23日
  • 手数料:400円(富山県収入証紙)

思うこと

前回の申請時(平成27年11月頃)も、おそらく重さ指定道路等の状況は同じであったと思いますが、申請経路にかかる国道の部分はすべて重さ指定道路となっていることから、上記経路の場合は、本来、国(国土交通省 北陸地方整備局 富山河川国道事務所)は申請窓口とはならないはずですが(最新車両制限令 実務の手引 第4次改訂版 P.64)、それにもかかわらず前回、国にオンライン申請し、無事許可も下りております。

今回、事前相談のため富山土木センターの担当者に話を聞きに行った際にも「この場合でも国に申請してはいけないわけではない。」とお話しされていた通り、上記経路の場合でも、どうやら国に対しても申請はできるようであります。

また、前回は手数料はかからなかったと思いますが、今回、同じ経路であるにもかかわらず400円の手数料がかかりました。道路の管理者なんてそうそう変わるものではなさそうなのに、なぜ今回は手数料がかかり、なぜ前回は手数料がかからなかったのか、不思議に思う部分ではあります。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@sanpai-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab