富山での産業廃棄物収集運搬業許可申請(新規・更新・変更等)手続き代行なら横倉行政書士事務所へ。許可取得後もしっかりサポート!

HOME » 特殊車両通行許可申請について » 用語集-車両編 | 富山産業廃棄物収集運搬業許可申請サポート

用語集-車両編

特殊車両通行許可 用語集-車両編

オンライン申請だから、安い、早い、日本全国対応!特殊車両通行許可申請代行
  • オープントップバン

    バンのうち、屋根のないものをいいます。車両制限令上もバン型の車両として扱われます。

  • 海上コンテナ

    海運用のコンテナをいいます。国際物流において重要な役割を担っていることから、ほとんどが国際標準化機構(ISO)コンテナ委員会が定めた規格に従ったものになっております。

    長さ20フィート高さ8フィート6インチの海上コンテナが1974年に正式に規格化され、現在では長さが40フィートのものや高さが9フィート6インチ(背高海上コンテナ)のものがあります。また、用途に合わせて、ドライコンテナのほかにタンク型等があります。

  • カプラ

    トラクタ(けん引車)がセミトレーラを連結する部分の連結装置で、キングピンを受ける部分をいいます。

  • キングピン

    セミトレーラがけん引車と連結される部分の連結装置をいいます。

  • コンテナ

    貨物の流通において、各輸送機関を通してスムーズに受け渡しをすることができ、反復使用に耐えることができる一定の要件を備えた貨物の容器をいいます。内航用、外航用、航空用等の種類があります。

  • コンテナ用

    車両制限令3条2項の規定に基づき連結車の総重量の最高限度の特例の対象とされる車種の一つです。コンテナを運搬することを目的として設計された、あるいは、専らそのために使用されている車両で現にコンテナを運搬しているものをいいます。

  • 最遠軸距

    車両の通行の許可の手続等を定める省令1条において、「車両の最前軸と最後軸との軸間距離をいう。」と定められております。車両制限令においては、連結車の場合、連結した状態におけるものをいいます。

    車両の通行の許可の手続等を定める省令1条および1条の2では、最遠軸距に応じて車両総重量の最高限度が定められております。

  • 最小回転半径

    車両を最も急激に旋回させた際のわだちの半径をいいます。車両制限令では最外側のわだちについて測ることとされております。

  • 軸距

    車軸の軸間距離(車軸中心間の水平距離)をいいます。

  • 軸重

    一の車軸の輪荷重の合計をいいます。車両制限令上、最高限度は10tと定められております。

  • 自動車の運搬用

    車両制限令3条2項の規定に基づき連結車の総重量の最高限度の特例の対象とされる車種の一つです。自動車を運搬することを目的として設計された、あるいは、専らそのために使用されている車両で現に自動車を運搬しているものをいいます。

  • 車両

    車両制限令において車両とは「人が乗車し、または貨物が積載されている場合にあつてはその状態におけるものをいい、他の車両をけん引している場合にあつては当該けん引されている車両を含む。」と規定されております。

    したがって、車両制限令による長さ、重量等の車両諸元は、人が乗車し、荷物を積載した状態、トレーラを連結した状態における値をいいます。

  • 重セミトレーラ

    重量物運搬用で道路運送車両の保安基準55条の規定に基づく基準の緩和を受けているセミトレーラをいいます。

  • 背高(海上)コンテナ

    国際標準化機構(ISO)規格海上コンテナのうち、高さが9フィート6インチのもので、トレーラに積載した状態で、車両の高さが車両制限令の制限値である3.8mを超え、4.1mとなるものをいいます。

  • 第5輪荷重

    道路運送車両法施行規則35条の3において、「セミトレーラをけん引することを目的とする牽引自動車の連結装置に垂直に負荷することができる最大荷重をいう。」とされております。

  • セミトレーラ

    積載物の重量の相当部分を、連結装置を介してけん引車にもたせ掛ける構造のトレーラ(被けん引車)をいいます。

  • 単車

    連結状態になく、通常、単体で運行される車両をいいます。

  • ダブルス

    連結車のうち、トラクタ(けん引車)+セミトレーラ+フルトレーラという組み合わせで運行される車両をいいます。被けん引車を2台連結していることから、このように呼ばれます。

  • タンク型

    車両制限令3条2項の規定に基づき連結車の総重量の最高限度の特例の対象とされる車種の一つです。液体等運搬用のタンクを荷台に固定した液体用タンク車のほかに、粉粒体運搬車やコンクリートミキサー車等を含みます。

  • 特例5車種

    連結車のうち、バン型、コンテナ用、タンク型、幌枠型、自動車運搬用の車両をいいます。車両制限令に定める最高限度のうち、総重量および長さに関して特例が定められております(車両制限令3条2項)。

  • 特例8車種

    特例5車種+追加3車種(あおり型、スタンション型、船底型1・2)をいいます。追加3車種については、車両制限令3条2項に定められている特例の適用はありません。

  • トラクタ

    トレーラ、作業機械その他の物体をけん引する車両(けん引車)をいいます。

  • トリプル軸

    3m以内に3つの車軸が集中して隣接している場合をいいます。

  • トレーラ

    けん引される車両(被けん引車)をいいます。

  • バン型

    車両制限令3条2項の規定に基づき連結車の総重量の最高限度の特例の対象とされる車種の一つで、箱型荷物室を備えているトラックをいいます。屋根のないオープントップ型も含まれます。

  • ピントルフック

    フルトレーラを連結するトラクタの連結装置をいいます。

  • フルトレーラ

    総荷重をトレーラだけで支えるように設計され、先端にけん引具を備えたトレーラをいいます。ドーリと組み合わされたセミトレーラを含みます。

  • ポールトレーラ

    柱等長尺の積荷自体がトラクタとトレーラの連結部分を構成する構造のトレーラをいいます。軸距は積荷の長さに応じて調整することができます。

  • 幌枠型

    車両制限令3条2項の規定に基づき連結車の総重量の最高限度の特例の対象とされる車種の一つで、荷台が幌骨で支持された幌に覆われた車両をいいます。幌ウィングボデーを含みます。

  • 輪荷重

    自動車の一個の車輪を通して路面に加わる鉛直荷重をいいます。車両制限令において、最高限度は5tとされております。

  • 隣接軸重

    隣り合う車軸に係る軸重の合計をいいます。車両制限令において、軸距に応じて最高限度が定められております。

  • 連結車

    1台のトラクタと1台またはそれ以上のトレーラを連結した車両をいいます。セミトレーラ連結車、フルトレーラ連結車、ポールトレーラ連結車、ダブルストレーラ連結車等があります。

オンライン申請だから、安い、早い、日本全国対応!特殊車両通行許可申請代行

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@sanpai-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab