富山での産業廃棄物収集運搬業許可申請(新規・更新・変更等)手続き代行なら横倉行政書士事務所へ。許可取得後もしっかりサポート!

HOME » 特殊車両通行許可申請について » 用語集-許可編 | 富山産業廃棄物収集運搬業許可申請サポート

用語集-許可編

特殊車両通行許可 用語集-許可編

オンライン申請だから、安い、早い、日本全国対応!特殊車両通行許可申請代行
  • 一元的許可・一括申請

    道路法47条の2 2項に基づき、道路管理者を異にする二以上の道路に係る特殊車両通行許可申請に対して、一の道路の道路管理者が許可に関する権限を行うことになっております。このような場合の申請を「一括申請」といい、許可を「一元的許可」といいます。

    ただし、指定市を除く市および町村は、一括申請を受理することはできません。当該市町村が受理できるのは、当該市町村が管理する道路のみに係る申請の場合です。

  • 一般的制限値

    車両制限令3条において定められている車両諸元の制限値(最高限度)に基づく制限をいいます。この制限値を超える車両が道路を通行する場合には、特殊車両通行許可が必要になります。

  • A条件

    特殊車両通行許可の際に付される通行条件のうち、「徐行等の特別の条件を付さない」ものをいいます。

  • 重さ指定道路

    車両制限令3条1項2号イに基づき、総重量の一般的制限値を長さおよび軸距に応じて最大25tとするものとして各道路管理者が指定した道路をいいます。

  • オンライン申請

    インターネットを利用した申請をいいます。在宅申請が可能であるとともに、審査期間の短縮が図られるなど、さまざまなメリットがあります。

  • 軌跡図

    許可車両の長さの算定の際、交差点における通行の可否を判断する際に使用する図をいいます。車両の幅または長さが特殊車両通行許可限度算定要領により、算定できる範囲を超える場合において作成し、申請の際に添付します。

    ただし、オンライン申請の場合は省略することが可能です。しかし、この場合でも、審査を行う道路管理者から提出を求められる場合があります。

  • 協議

    一括申請の場合は、申請を受け付けた道路管理者は、申請経路に係る他の道路管理者と協議をすることになっております。

  • 許可条件

    道路の構造を保全し、または、交通の危険を防止する観点から、特殊車両の通行許可に際して付される通行条件のことをいいます。

  • 合成車両

    包括申請の場合、トラクタ、トレーラごとの車両の諸元を、通行条件が最も厳しくなるよう合成したものをいいます。それによって審査を行い、包括的な許可を与えることとしております。

  • 個別的制限値

    道路法47条4項に基づき、道路との関係において必要とされる車両の幅、重量の制限(車両制限令5条~11条)を行う場合をいいます。

  • 個別審査

    申請車両諸元が特殊車両通行許可限度算定要領に定められた範囲を超える場合、および、道路情報便覧に収録されていない道路を通行する場合に、さらに精度の高い技術的審査を個々に行うことをいいます。

  • C条件

    特殊車両通行許可に際して付される条件のうち、重量に関して、「徐行、連行禁止および当該車両の前後に誘導車を配置する」条件、または、寸法に関して、「徐行および当該車両の前後に誘導車を配置する」条件をいいます。

  • 条件書

    特殊車両通行許可に際して付される書類の一つで、許可に際しての通行条件を記したものをいいます。

  • 新規格車

    平成5年の車両制限令の改正により、新たに特殊車両通行許可を得ることなく高速自動車国道および重さ指定道路を通行できるようになった車両をいいます。

  • 新規開発車両

    新たに設計製作される車両で、車両制限令3条で定める一般的制限値を超えるもので、届出書を提出して、国土交通省道路局から基準に適合するものとして適合証明書の交付を受けた車両をいいます。

  • 車両制限令

    道路法47条1項の規定に基づき、道路の構造を保全し、または、交通の危険を防止するため、道路との関係において必要とされる車両についての制限を定めた政令をいいます。

  • 申請書

    特殊車両通行許可を受けようとする者が道路管理者に許可申請をする際に提出する書類をいいます。様式は「車両の通行の許可の手続等を定める省令」の別記様式第一に定められております。

  • 制限標識

    道路法47条3項に基づく橋梁等における重量制限ならびにトンネル等における高さ制限および道路法47条4項に基づく個別的制限がなされる道路において、道路法47条の5に基づき掲げられた道路標識をいいます。

    法47条3項に基づく制限の場合は標識の設置が義務付けられておりますが、法47条4項に基づく幅等の個別的制限の場合は必要に応じて標識を設置することとされております。

  • 措置命令

    道路法47条の3 1項に基づき、道路管理者が下記の者に対して、通行の中止、総重量の軽減、徐行その他通行の方法について、道路の構造の保全または交通の危険を防止するために必要な措置を命ずることをいいます。

    1. 車両制限令の一般的制限値を超える車両を通行させている者
    2. 特殊車両通行許可に付された通行条件に違反して車両を通行させている者
    3. 幅等の個別制限に違反して車両を通行させている者
  • 高さ指定道路

    車両制限令3条1項3号に基づき、高さの最高限度を4.1mとするものとして各道路管理者が指定した道路をいいます。

  • 超寸法・超重量車両

    特殊車両通行許可限度算定要領による許可限度寸法を超える車両を超寸法車両、許可限度重量を超える車両を超重量車両といいます。分割不可能で特に大きく重いものを運ぶ場合などで、許可限度寸法および重量の算定等の取り扱いについて特別の配慮がなされております。

    この場合は、理由書、通行計画書、軌跡図(超寸法のみ)、橋桁にかかる応力計算書(超重量のみ)を付属書類に追加して申請する必要があります。現地の状況に応じて、夜間通行、特別の誘導方法の指示、橋梁等での走行位置の指定、橋梁等の補強措置といった条件が付されて許可されることになります。

  • 通行計画書

    超寸法・超重量車両に係る申請に際して、通行時間・誘導方法・待避場所の位置等を記載して提出する書類をいいます。

  • 通行経路図

    特殊車両通行許可申請の際に添付する通行経路を記した図のことをいいます。出発地ごとに別葉として、原則として1/300,000の地図に赤線で経路を示し、出発地および目的地を明示します。高速自動車国道は省略することができますが出入インターチェンジは明示する必要があります。

  • 通行条件

    道路の構造を保全し、または、交通の危険を防止する観点から、特殊車両の通行許可に際して付される条件のことをいいます。重量に関する条件についてはA~D、寸法に関する条件についてはA~Cの条件があり、その他、通行時間帯等の指定もあります。

  • D条件

    特殊車両通行許可に際して、重量に関して、「徐行、連行禁止および当該車両の前後に誘導車を配置し、かつ、2車線内に他車が通行しない状態で当該車両が通行すること」を条件とする場合をいいます。道路管理者によって、別途、条件が付加される場合もあります。

  • 道路情報便覧

    特殊車両通行許可に係る窓口の事務処理を迅速に行うために、道路の構造要因や交通条件等についてあらかじめ現地調査をし、それによって得た道路に関するデータを全国的に収集、収録したものをいいます。

  • 特殊車両

    車両の構造または車両に積載する貨物が特殊であるために、車両諸元が一般的制限値を超えることがやむを得ないと認められる車両で、特殊車両通行許可の対象となる車両をいいます。

  • 特殊車両通行許可

    道路法47条の2 1項に基づき、車両の構造または車両に積載する貨物が特殊であるためやむを得ない場合、道路法47条2項または3項の規定による禁止もしくは制限に関わらず、当該車両を通行させようとする者の申請に基づいて、一般的制限値または個別的制限値を超える車両の通行を道路管理者が許可することをいいます。

  • 特殊車両通行許可限度算定要領

    特殊車両の通行を許可することができる車両の寸法および重量を算定するための要領をいいます。

  • 認定

    車両制限令12条に基づき、一般的制限値を超えず、車両制限令5条~7条の個別的制限に適合しない車両で、申請により、個別的制限に適合しないことが車両の構造および車両に積載する貨物が特殊であるためやむを得ないと道路管理者が認定することをいいます。

    認定を受けると、当該認定に係る事項については個別的制限に適合するものとみなされます。

  • B条件

    通行条件のうち、重量に関する条件については「徐行および連行禁止を条件とする」ものをいい、寸法に関する条件については「徐行を条件とする」ものをいいます。

  • 包括申請

    車種、積載貨物、通行経路、通行期間が同一である複数の車両の特殊車両通行許可申請について、一の許可申請書によってする申請をいいます。

  • 理由書

    超寸法・超重量車両に係る申請に際して提出する書類で、車両の構造および貨物の特殊性について記載したものをいいます。

  • 連行禁止

    2台以上の特殊車両が縦列をなして、同時に橋や高架の道路等の同一径間を渡ることを禁止する措置をいいます。

オンライン申請だから、安い、早い、日本全国対応!特殊車両通行許可申請代行

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@sanpai-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab