富山での産業廃棄物収集運搬業許可申請(新規・更新・変更等)手続き代行なら横倉行政書士事務所へ。許可取得後もしっかりサポート!

HOME » 特殊車両通行許可申請について » 包括申請の注意点 | 富山産業廃棄物収集運搬業許可申請サポート

包括申請の注意点

包括申請の際の注意事項-特殊車両通行許可

包括申請は、同じ種類の積載貨物を、同じ車両形状で、かつ、ほぼ同じ車両諸元である複数の車両で運搬する場合の申請手続きを効率的に行うためのものであり、積載貨物の種類や車両形状が同じであっても極端に積載貨物の寸法・重量や車両諸元が異なる場合は、普通申請とされます。

(例)

  • ISO規格海上コンテナを海上コンテナ用セミトレーラ連結車で運搬
  • 揮発油等をバン型等(タンク型)のセミトレーラ連結車で運搬
  • ご注意ください!

    包括申請の場合、許可の審査の段階において、その申請車両が道路構造および交通に与える影響の最も大きいものや、組合せ(合成車両)によって審査されます。

    このため、一部の車両または組合せの車両について不許可となる場合は、その申請はすべて不許可となります。また、許可となる場合でも、最も厳しい通行条件が付されて許可されることになります。

    したがって、車両の貨物を積載した状態での諸元が極端に異なるときは、申請車両(複数)をグループに分けて申請することが適当です(例えば、軽いものと重いものに分ける)。空車時と積載時とでは車両の諸元が異なる場合や申請経路についても同様です。

軸種が1種類の場合

包括申請を行う場合は、下記の事項に注意する必要があります。

  • 車種が同一であること

    車両の諸元に関する説明書01の「車種区分のコード表」の「車両の種類」と「軸種コード」が同一であることをいいます。

  • 積載貨物が同一であること

    車両の諸元に関する説明書01裏面の「積載貨物品名コード表」の品名が同一であることをいいます。

  • 通行経路が同一であること
  • 通行期間が同一であること
オンライン申請だから、安い、早い、日本全国対応!特殊車両通行許可申請代行

複数軸種の場合

複数軸種申請を行う場合は、下記の事項に注意する必要があります。

  • 車種が同一であること

    車両の諸元に関する説明書01の「車種区分のコード表」の「車両の種類」が同一であることをいいます。

  • 通行区分が同一であること
  • 事業区分が同一であること
  • 積載貨物が同一であること

    車両の諸元に関する説明書01裏面の「積載貨物品名コード表」の品名が同一であることをいいます。

  • 車種区分の車両分類は、すべて「一般」であること
  • 通行経路が同一であること
  • 通行期間が同一であること
  • ※上記の条件に適合する場合は、車両の諸元に関する説明書01の「車種区分のコード表」の「軸種コード」が異なっても一つの申請とすることができます。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@sanpai-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab