富山での産業廃棄物収集運搬業許可申請(新規・更新・変更等)手続き代行なら横倉行政書士事務所へ。許可取得後もしっかりサポート!

HOME » 特殊車両通行許可申請について » 許可条件 | 富山産業廃棄物収集運搬業許可申請サポート

許可条件

許可証の交付-特殊車両通行許可

道路管理者による審査の結果、通行が許可されたときは、道路管理者より通行条件とともに許可証が交付されます(道路法47条の2 5項)。許可証の交付については道路管理者より通知されます。

オンライン申請の場合は、インターネットを利用して許可証(電子許可証)を受け取り、それ以外の申請の場合は、申請した窓口に出向いて許可証を受け取ります。

不許可の場合

道路管理者による審査の結果、申請した車両が通行できないと判断された場合は不許可となります。その場合は、理由を記した不許可通知書により、申請者に通知されます。

オンライン申請だから、安い、早い、日本全国対応!特殊車両通行許可申請代行

通行条件とは?

通行条件(道路法47条の2 1項)とは、道路の構造の保全または交通の危険を防止する観点から通行に当たって必要な条件を付すもので、通行する個々の道路の構造や車両の諸元により決定されます。

通行条件には、重量に関する条件と寸法に関する条件があります。

区分記号 重量に関する条件 寸法に関する条件
A 徐行等の特別の条件を付さない。 徐行等の特別の条件を付さない。
B 徐行および連行禁止を条件とする。 徐行を条件とする。
C 徐行、連行禁止および当該車両の前後に誘導車を配置することを条件とする。 徐行および当該車両の前後に誘導車を配置することを条件とする。
D 徐行、連行禁止および当該車両の前後に誘導車を配置し、かつ、2車線内に他車が通行しない状態で当該車両が通行することを条件とする。なお、道路管理者が別途指示する場合は、その条件も付加する。 (※寸法に関しては、D条件での許可はありません。)

※連行禁止とは、2台以上の特殊車両が縦列をなして同時に橋、高架の道路等の同一径間を渡ることを禁止する措置をいいます。

【イメージ図 : 重量に関する条件】

※イラスト:国土交通省 関東地方整備局HPより

通行時間帯の指定

下記に該当する場合は、夜間通行(午後9時~午前6時)となります。

  1. 重量に関する通行条件が、Dとなる車両
  2. 寸法のうち、幅に関して通行条件がCとなり、かつ、車両の幅が3mを超える車両
    ※寸法のうち、高さおよび長さに関しては、通行時間帯の指定はありません。

ただし、夜間の交通量が多くて交通混雑が予想される、または、積雪地域で積雪期間中であること等により、夜間での通行が著しく不適当な場合や、夜間より昼間の方が交通量が少なく、昼間の通行に支障がない場合など、この基準によることが不適当と認められる場合は、別途、道路管理者が個別に時間帯を指定し、または、指定しないものとされます。

※上記に該当せず、昼間(午前6時~午後9時)の通行が可能な場合であっても、前もって予想される時間帯に交通混雑が生じるおそれのある場合には、「交通混雑が予想される市街地を通行する場合は、当該区間での通行混雑時の通行を避けること」等の条件が付されることになります。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@sanpai-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab