富山での産業廃棄物収集運搬業許可申請(新規・更新・変更等)手続き代行なら横倉行政書士事務所へ。許可取得後もしっかりサポート!

HOME » 特殊車両通行許可申請について » オンライン申請のメリット | 富山産業廃棄物収集運搬業許可申請サポート

オンライン申請のメリット

オンライン申請のメリット-特殊車両通行許可申請

オンライン申請では、従来の紙ベースによる申請に比べて、以下のようなメリットがあります。

  1. 職場や自宅での申請が可能
  2. 個別審査がない場合は、大幅に審査期間が短縮される
  3. 過去の申請情報の再利用が可能
  4. パソコン画面(地図画面)上で通行経路の指定が可能
  5. 事前に通行条件の確認が可能
  6. 自動車検査証の写しの添付が不要

(参考)特殊車両通行許可オンライン申請サイト
※HP閲覧ソフトは、Internet Explorerをご利用ください。(※文字化けするため)

オンライン申請だから、安い、早い、日本全国対応!特殊車両通行許可申請代行

1.職場や自宅での申請が可能

インターネットを利用して毎日24時間(注)、自宅や職場で作成した申請書を電子データの形で申請窓口に提出できますので、申請窓口まで出向く必要がなくなります。また、審査状況の確認や手数料の払い込み、許可証の受け取りについても、インターネットを介して職場や自宅で行うことができます。

(注)ただし、日曜日23:00~月曜日7:00およびシステムメンテナンスに伴う停止を除きます。
※オンライン申請での申請窓口は、国の特車担当窓口に限ります。都道府県、市町村、高速道路会社へはオンライン申請はできません。

2.個別審査がない場合は、大幅に審査期間が短縮される

個別審査がなければ、システムによる算定処理を行うことが可能であるため、審査期間が大幅に短縮されます(標準4日(閉庁日は除く))。

※ただし、下記の場合は、道路管理者による個別の審査・協議を要するため、標準で3週間の審査期間が必要になります。

  • 車両の諸元が特殊車両通行許可限度算定要領の範囲外の場合
  • 申請経路が道路情報便覧に収録されていない道路を含む場合
  • システムによる算定の結果、個別に審査を要する障害箇所がある場合
  • 車両の構造や積載する貨物が特殊であると判断できない場合
  • ※特殊車両通行許可限度算定要領および道路情報便覧とは、特殊車両通行許可に係る審査を、システム的・統一的・簡易的に行うために審査窓口において活用されているものです。

  • (参考)標準処理期間(申請~許可されるまでの日数)
    • 新規申請および変更申請 ・・・・・ 申請書記載の受付日から3週間以内
    • 更新申請 ・・・・・ 申請書記載の受付日から2週間以内

    なお、上記の日数は、下記要件をすべて満たす場合の日数になります。

    1. 申請経路が道路情報便覧収録路線で完結している場合
    2. 申請車両が超寸法車両および超重量車両(特殊車両通行許可限度算定要領による許可限度寸法、重量を超える車両)でない場合
    3. 申請後に申請内容(申請経路や諸元等)の変更がない場合

※申請~許可の期間は上記のように定められておりますが、道路管理者での申請の混み具合や申請内容によっては、上記の日数よりも長くかかる場合があります。

3.過去の申請情報の再利用が可能

申請した内容が電子データとして保存されますので、過去に申請した内容を活用して、更新申請や変更申請を行うことができます。新規申請の場合でも、過去の申請データの一部を利用することにより、より簡単に申請データを作成することができます。また、ペーパレス化、省スペース化にもつながります。

4.パソコン画面(地図画面)上で通行経路の指定が可能

申請経路はデジタル地図を使って指定することができます。申請経路を設定・登録すれば、通行経路表や通行経路図をシステムから印刷することができます。また、経路の変更もデジタル地図上で行うことができます。

※道路情報便覧に収録されていない道路を通行する場合は、当該道路部分の経路図は手書きで作成する必要があります。

5.事前に通行条件の確認が可能

車両、積載物、経路の情報を入力した時点の内容で、送信前に算定結果をシステムで簡単に確認することができます。算定結果を確認したうえで、車両や積載物、経路を変更することができますので、申請後の無駄な修正を防止することができます。

※算定要領の範囲を超える場合や道路情報便覧に収録されていない道路に対しては、システムで算定できないために個別審査となり、申請後に道路管理者によって審査されます。

6.自動車検査証の写しの添付が不要

申請の前日までに、自動車の検査および登録が済んでいる特殊車両については、自動車検査証の写しの添付は不要です。

ただし、車両自体は特殊な車両に該当しないが、車両に積載する貨物が特殊(積載貨物が分割不可能であるために、道路法の規定に基づく最高限度を超えることをいいます。)であるために特殊車両通行許可の対象となる場合や、自動車の新規検査および登録を行った当日に申請を行う場合は、自動車検査証の写しの添付は必要です。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@sanpai-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab