富山での産業廃棄物収集運搬業許可申請(新規・更新・変更等)手続き代行なら横倉行政書士事務所へ。許可取得後もしっかりサポート!

HOME » 特殊車両通行許可申請について » 特殊車両通行許可申請の種類 | 富山産業廃棄物収集運搬業許可申請サポート

特殊車両通行許可申請の種類

特殊車両通行許可申請の種類

特殊車両通行許可申請の種類は、以下のような区分で分けることができます。

オンライン申請だから、安い、早い、日本全国対応!特殊車両通行許可申請代行

1.申請の性質(新規、更新、変更)による区分

  • 新規申請

    新たに特殊車両を通行させようとする際の申請をいいます。既に許可を受けた申請であっても、包括申請の場合で車両の台数を増やそうとする場合は新規申請となります。

  • 更新申請

    既に許可されている申請であって、許可期間のみを更新する場合の申請をいいます。

  • 変更申請

    許可を受けている申請内容に変更が生じた際に行う申請のことをいいます。主な変更事由には以下のようなものがあります。

    ・車両の交換(買い替え等) ・・・・・ 同一型式の車両である場合に限ります。
    ・車両台数の減少(包括申請の場合)
    ・申請者の変更
    ・通行経路の変更
    ・その他(会社名の変更等)

車両の台数による区分

  • 普通申請

    申請車両の台数が1台(単車の場合はトラック台数が1台、連結車の場合はトラクタおよびトレーラが連結状態で1台)の場合の申請をいいます。通行経路は複数でも構いません。

  • 包括申請(複数軸種申請※含む)

    車両の台数が2台以上の場合の申請をいい、以下の事項が同一でなければなりません。

    ・車種(車両の種類および軸種(軸の数、駆動軸の配置))
    ・通行経路
    ・積載貨物
    ・通行期間

    ※申請する車両が寸法(幅、長さ、高さ)のみ最高限度を超える場合で軸種を問わず包括的に行う申請をいいます。
    ※複数軸種の包括申請は、寸法(幅、長さ、高さ)においてのみ分割することができないため特殊車両通行許可の対象となる車両の場合のみ申請できます。なお、重量が最高限度を超える場合は、複数軸種申請はできません。

申請経路による区分

  • 片道申請、往復申請

    申請は、片道でも往復でもどちらでも申請できます。往復で申請する場合は、往路、復路で通行条件の厳しい方が採用されます。(車両の構造が特殊な車両として許可を受ける場合は往復申請が必要です。)

    【往路と復路で車両の状態が異なるとき(積載状態または空車状態)の申請】

    1. 往復で申請する場合
    ・・・・・ 往路、復路とも積車状態で審査され、通行条件が付されて許可されます。

    2. 片道ごとに二つの申請とする場合
    ・・・・・ 積車状態(往路)と空車状態(復路)でそれぞれ審査され、通行条件が付されます。この場合、両方の許可証を車両に携帯しなければなりません。

  • 一括申請

    申請経路が2以上の道路管理者(※)の管理する道路にまたがる場合に、そのいずれかの道路管理者に対して行う申請のことをいいます。

    この場合は、許可申請に際して手数料が必要であり、一括申請を受け付けることができる窓口は通行経路上の指定市以上の道路管理者となっております。

    ※国土交通大臣、都道府県知事、指定市市長、市町村長、各高速道路会社並びに地方道路公社をそれぞれの単位として数えます。

  • その他の申請

    市町村の道路(指定市の市道および開発道路を除く)のみに特殊車両を通行させる場合は、当該市町村道の道路管理者に対して申請します。

道路法上の道路以外を通行する場合

道路法上の道路以外を通行する場合(港湾道路等)は、道路法の適用がないため、申請者においてそれぞれの道路管理者に相談して必要な手続きを行う必要があります。

特殊車両通行許可申請において、通行経路の途中でそれらの道路が存在する場合は、道路管理者は当該区間を除いた区間について審査を行うこととされております。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@sanpai-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab