富山での産業廃棄物収集運搬業許可申請(新規・更新・変更等)手続き代行なら横倉行政書士事務所へ。許可取得後もしっかりサポート!

HOME » 特殊車両通行許可申請について » 特殊車両通行許可とは | 富山産業廃棄物収集運搬業許可申請サポート

特殊車両通行許可とは

特殊車両通行許可が必要となる場合

道路の構造は、ある一定の規格の車両が安全・円滑に通行できるように設計されており、その規格を超える車両は道路の構造や交通に支障を及ぼす恐れがあります。そのため、車両の寸法や重量などについては政令で最高限度が定められており、その最高限度を超える車両については、道路を通行させてはならないと規定されております(道路法47条2項)。

しかしながら、実際の社会・経済活動の中では、車両の使用目的や積載する貨物の特殊性から、やむを得ず前述の最高限度を超える車両を通行させる必要性が生じることがあります。その際に、その最高限度を超える車両を道路上にて通行させるために必要となる許可が特殊車両通行許可なのです。

オンライン申請だから、安い、早い、日本全国対応!特殊車両通行許可申請代行

政令で定める最高限度とは?

車両制限令3条にて次のように定められております。

車両の諸元 最高限度 備考
2.5m
高さ 3.8m ※高さ指定道路においては4.1m
長さ 12m トレーラ連結車の特例あり
最小回転半径(車両の最外側) 12m
総重量 ・高速自動車国道、重さ指定道路 ・・・・・ 軸距、長さに応じて最大25t
・その他の道路 ・・・・・ 20t
トレーラ連結車の特例あり
軸重 10t
隣り合う車軸に係る軸重の合計 ・隣り合う車軸の軸距が1.8m未満の場合 ・・・・・ 18t
(隣り合う車軸の軸距が1.3m以上で、かつ当該隣り合う車軸の軸重がいずれも9.5t以下の場合は19t)
・隣り合う車軸の軸距が1.8m以上の場合 ・・・・・ 20t
輪荷重 5t

上記値には、人が乗車し、または貨物が積載されている場合には、その状態におけるものをいい、他の車両をけん引している場合には、そのけん引されている車両を含みます(車両制限令第2条)。

イメージ図

【車両の幅・長さ・高さ】

【車両の最小回転半径】

【車両の総重量・軸重・隣接軸重・輪荷重】

※イラスト:国土交通省 関東地方整備局HPより

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@sanpai-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab