富山での産業廃棄物収集運搬業許可申請(新規・更新・変更等)手続き代行なら横倉行政書士事務所へ。許可取得後もしっかりサポート!

HOME » 特別管理産業廃棄物 » 有害金属等を含む産業廃棄物 | 富山産業廃棄物収集運搬業許可申請サポート

有害金属等を含む産業廃棄物

有害金属や揮発性有機化合物を含む産業廃棄物

有害金属や揮発性有機化合物を含む産業廃棄物には、下記の4分類があります。

  1. 鉱さい
  2. 燃え殻、ばいじん
  3. 廃油(廃溶剤)
  4. 汚泥、廃酸、廃アルカリ

これらが下記1.および2.に該当する場合、特別管理産業廃棄物となります。

1.特定の施設から排出される

水質汚濁防止法等に基づく特定施設から金属等の有害物質を含む廃棄物が排出されるおそれがある場合に、廃棄物処理法施行令で、各分類ごとに、それぞれの有害物質を含む廃棄物を排出する施設が指定されています。
※鉱さいについては、特定の施設の指定はありません。

2.金属等の有害物質の量が判定基準を超える

※廃油(廃溶剤)は、濃度に関係なく特定有害産業廃棄物となります。

廃棄物ごとに指定されている施設や有害物質の量の判定基準について、詳しくは下記ページをご覧ください。

■例

(例1) 医薬品製造業から排出される鉛を2.0mg/L含む廃酸は特別管理産業廃棄物に該当するか?

【ポイント① 判定基準値】
→廃酸に含まれる鉛の基準値は1mg/L

【ポイント② 特定施設】
→医薬品製造業における鉛を含む廃酸は、ろ過施設、分離施設、混合施設、廃ガス洗浄施設を設置する事業場が対象

(例2) 香料製造業から排出される四塩化炭素を0.1mg/L含む廃溶剤は特別管理産業廃棄物に該当するか?

【ポイント① 判定基準値】
→廃溶剤に基準値はない=すべて特別管理産業廃棄物として扱う

【ポイント② 特定施設】
→香料製造業における四塩化炭素を含む廃油は、抽出施設を設置する事業場が対象

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@sanpai-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab