富山での産業廃棄物収集運搬業許可申請(新規・更新・変更等)手続き代行なら横倉行政書士事務所へ。許可取得後もしっかりサポート!

HOME » 特別管理産業廃棄物 » 感染性廃棄物(判断フロー) | 富山産業廃棄物収集運搬業許可申請サポート

感染性廃棄物(判断フロー)

感染性廃棄物(判断フロー)

感染性廃棄物に該当するかどうかは、下記手順によって判断することができます。

STEP1 「形状」

廃棄物が以下のいずれかに該当する場合は、感染性廃棄物となります。

  1. 血液、血清、血漿および体液(精液を含む) (以下「血液等」とします)
  2. 病理廃棄物(臓器、組織、皮膚等)
  3. 病原微生物に関連した試験、検査等に用いられたもの
  4. 血液等が付着している鋭利なもの(破損したガラスくず等を含む)

上記のいずれかに該当しない場合は、STEP2に進みます。

STEP2 「排出場所」

感染症病床、結核病床、手術室、緊急外来室、集中治療室および検査室において治療、検査等に使用された後、排出されたものに該当する場合は、感染性廃棄物となります。

上記に当てはまらない場合は、STEP3に進みます。

STEP3 「感染症の種類」

廃棄物が以下のいずれかに該当する場合は、感染性廃棄物となります。

  1. 感染症法の一類、二類、三類感染症、新型インフルエンザ等感染症、指定感染症および新感染症の治療、検査等に使用された後、排出されたもの
  2. 感染症法の四類および五類感染症の治療、検査等に使用された後、排出された医療器材等(ただし、紙おむつについては特定の感染症に係るもの等に限る)

STEP1~3すべてに該当しない場合は、感染性廃棄物ではないということになります。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@sanpai-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab