富山での産業廃棄物収集運搬業許可申請(新規・更新・変更等)手続き代行なら横倉行政書士事務所へ。許可取得後もしっかりサポート!

HOME » 産業廃棄物の基礎知識 » 特別管理産業廃棄物とは? | 富山産業廃棄物収集運搬業許可申請サポート

特別管理産業廃棄物とは?

特別管理産業廃棄物とはどんな物?

特別管理産業廃棄物とは、毒性、爆発性、感染性のある産業廃棄物のことで、産業廃棄物の一種です。
収集運搬業許可には、産業廃棄物収集運搬業許可と特別管理産業廃棄物収集運搬業許可の2種類がありますので、特別管理産業廃棄物とは何かをしっかりと理解することが重要です。

具体的には、下記のようなものがあります。(法2条5項、同法施行令2条の4)

種類 内容
廃油(引火性) 揮発油類、灯油類、軽油類(難燃性のタールピッチ類等を除く)
廃酸(腐食性) 著しい腐食性を有するもの(pH2.0以下の廃酸)
廃アルカリ(腐食性) 著しい腐食性を有するもの(pH12.5以上の廃アルカリ)
感染性産業廃棄物 医療機関等(病院、診療所、衛生検査所、介護老人保健施設等)から発生した産業廃棄物のうち、感染性病原体が含まれる、または付着しているもの。実際には付着していなくても、そのおそれがある場合も感染性産業廃棄物として扱います。
特定有害産業廃棄物 詳しくは下表をご覧ください。

【特定有害産業廃棄物】

種類 内容
廃PCB等 廃PCBおよびPCBを含む廃油
PCB汚染物 PCBが付着等した汚泥、紙くず、木くず、繊維くず、プラスチック類、金属くず、陶磁器くず、がれき類
PCB処理物 廃PCB等またはPCB汚染物の処理物で一定濃度以上PCBを含むもの
指定下水汚泥 下水道法施行令13条の4の規定により指定された汚泥
※実態上、あまり指定されていない
鉱さい 重金属等を一定濃度以上含むもの
廃石綿等 石綿建材除去事業に係るものまたは大気汚染防止法の特定粉じん発生施設から生じたもので飛散するおそれのあるもの
ばいじんまたは燃え殻 重金属等およびダイオキシン類を一定濃度以上含むもの
廃油 有機塩素化合物等を含むもの
汚泥、廃酸または廃アルカリ 重金属、有機塩素化合物、PCB、農薬、セレン、ダイオキシン類等を一定濃度以上含むもの

燃えやすい廃油(引火性廃油)

事業活動に伴って排出される、揮発油類、灯油類、もしくは軽油類が廃油となったもの、またはこれらの油を使用することに伴って排出される廃油であって、引火点70度未満のもの。

(参考)
施行令2条の4・1号
廃油(燃焼しにくいものとして環境省令で定めるものを除く)

<環境省令で定めるもの>
1. タールピッチ類
2. 廃油(1.を除く)のうち、揮発油類、灯油類および軽油類を除くもの

廃酸、廃アルカリ(腐食性)

施行令2条の4・2号
廃酸(著しい腐食性を有するものとして環境省令で定める基準に適合するものに限る)
<環境省令で定める基準>
水度イオン濃度指数が2.0以下

施行令2条の4・3号
廃アルカリ(著しい腐食性を有するものとして環境省令で定める基準に適合するものに限る)
<環境省令で定める基準>
水度イオン濃度指数が12.5以上

感染性産業廃棄物

病院等から生じる廃棄物であって、感染性病原体が含まれ、もしくは付着している廃棄物またはこれらのおそれのある廃棄物。

  • 病院等とは?
    病院、診療所、衛生検査所、介護老人保健施設、助産所、動物の診療施設、国または地方公共団体の試験研究機関※、大学およびその付属試験研究機関※、学術研究または製品の製造もしくは技術の改良、考案もしくは発明に係る試験研究を行う研究所※
    ※医学、歯学、薬学および獣医学に係るものに限る

通常、病院等から排出される廃棄物は「形状」「排出場所」「感染症の種類」の観点から感染性廃棄物の該否について判断します。

感染性廃棄物の詳細(収集運搬方法も含む)については、「廃棄物処理法に基づく感染性廃棄物処理マニュアル」を参照してください。

特定有害産業廃棄物

下記ページをご覧ください。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@sanpai-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab