富山での産業廃棄物収集運搬業許可申請(新規・更新・変更等)手続き代行なら横倉行政書士事務所へ。許可取得後もしっかりサポート!

HOME » 産業廃棄物の基礎知識 » 収集運搬に使われる車両・容器 | 富山産業廃棄物収集運搬業許可申請サポート

収集運搬に使われる車両・容器

廃棄物処理法施行規則10条に、産業廃棄物が飛散し、および流出し、並びに悪臭が漏れるおそれのない運搬車、運搬船、運搬容器その他の運搬施設を有すること(1号イ)という要件が規定されております。

では、具体的に、どのような車両や運搬容器等が使用されているのでしょうか?

収集運搬に使われる車両

最もよく利用されるのがダンプ車と平ボディ車

収集運搬車両の中で最もよく利用されているのが、ダンプ車と平ボディ車の2つです。
産業廃棄物の中でも、木くずやがれき類等の、比較的大きい固形状の産業廃棄物を運搬する場合に、これらの車両がよく利用されます。コンクリートの塊等は、そのままトラックの荷台に乗せて運搬することができますが、塊が大きいため、深ボディ車と呼ばれる、荷台をより深くしたダンプで運搬されることがあります。

廃プラスチック等の圧縮性のある産業廃棄物に対しては、家庭ごみの収集でなじみの深いパッカー車を利用する場合が多いようです。
パッカー車の場合、産業廃棄物を圧縮しながら運搬できるというメリットはありますが、コンクリートブロック等のかたくて大きい産業廃棄物に対しては、圧縮することが困難なため、パッカー車で運搬することはありません。

汚泥や液状の産業廃棄物には専用車両を使う

汚泥や液状の産業廃棄物を運搬する場合は、普通のダンプ車にそのまま載せると水漏れの危険性があるため、その場合には、荷台の隙間をパッキンで埋める等した水密仕様のダンプ車を使って運搬しなければなりません。
汚泥や液状の産業廃棄物をより確実に運搬するには、タンクローリーや汚泥吸排車、汚泥吸引車等の専用車両が使われることもあります。

廃酸や廃アルカリ、廃油等の液状の産業廃棄物を運搬する場合、専用の運搬容器(ドラム缶等)を利用して、トラックで運搬する場合も多いようですが、大量にそれが発生する場合には、タンクローリーや吸引車等で、中間処理施設まで運搬されています。
また、排出事業者のところにコンテナを設置して、定期的にそのコンテナをコンテナ専用車で回収するケースもあります。

割合はかなり低いですが、鉄道や船舶を使って運搬されることもあります。

許可申請には車検証や駐車場に関する土地登記簿謄本等が必要

許可申請には、運搬車両の車検証の写しや貸借契約書の写し(※使用者欄または所有者欄が他名義の場合にのみ必要)、駐車場に関する土地登記簿謄本(※省略申立書添付により省略可)や貸借契約書の写し(※例:土地名義が他名義の場合に必要(転借の場合は、所有者と転貸人との間の契約書の写しも添付))等も必要になります。

収集運搬に使われる運搬容器

収集運搬にはドラム缶がよく利用される

運搬容器としてはドラム缶が最もよく利用されます。ドラム缶は、液状の物から固形の産業廃棄物まで幅広く利用することができ、価格も安価です。がれき類等の塊の大きいものや感染性廃棄物を除けば、ほとんどの産業廃棄物はドラム缶で保管することができます。

ただし、廃酸や廃アルカリといった腐食性のある産業廃棄物を運搬する場合には、一般的な鋼製のあるドラム缶ではなく、プラスチックドラム等の耐食性に優れたドラム缶を用意する必要があります。

ドラム缶を利用することによって、産業廃棄物の積み降ろしがしやすくなるというメリットがありますが、保管が長期間に及ぶ場合は、産業廃棄物の性状が変化しても外部からそれを発見しにくいといったデメリットもあります。

ドラム缶のほかは、ばいじん等の粉状のものにはフレキシブル・コンテナ等、建設現場等ではコンテナ専用車両で運搬するための廃棄物専用コンテナ、感染性廃棄物を運搬する場合には感染性廃棄物専用容器等の運搬容器があります。

感染性廃棄物専用の運搬容器には、バイオハザードマーク等を表示することとされており、容器については、密閉でき、収納しやすく、損傷しにくい構造を有するものである必要があります。

産業廃棄物と運搬容器の組み合わせ例

運搬容器 産業廃棄物
ドラム缶 燃え殻、汚泥、廃油、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、ゴムくず、金属くず、ガラスくず等、鉱さい、がれき類、ばいじん
プラスチックドラム 廃酸、廃アルカリ
プラスチック容器 廃酸、廃アルカリ
石油缶 廃油
フレキシブル・コンテナ 燃え殻、汚泥、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、ゴムくず、ガラスくず等、鉱さい、がれき類、ばいじん
大型コンテナ 燃え殻、汚泥、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、ゴムくず、金属くず、ガラスくず等、がれき類、ばいじん
感染性廃棄物専用容器 感染性廃棄物

ところで、収集運搬とは?

収集運搬とは、排出事業者と産業廃棄物処理業者、産業廃棄物処理業者と産業廃棄物処理業者の間で、実際に産業廃棄物を動かすことです。
収集運搬では、産業廃棄物を外部に飛散・流出等させないように、上記車両や容器等について、最適な方法により運搬を行う必要があります。

産業廃棄物収集運搬業許可には、「積替え・保管あり」と「積替え・保管なし」の2種類があります。

積替え・保管とは?

積替え・保管とは、産業廃棄物を所定の場所に持ち帰り、それを別の車両に積替えたり、一定の期間保管することをいいます。

積替え・保管を含む収集運搬業許可を取得すれば、効率的な配送ができるようになり、自社の営業上は有利になりますが、その為には、運搬業者自身で積替え・保管できる施設を整える必要があり、その場合には富山県との事前協議が必要となり、また地元自治体への説明会も必要となる場合があります。

積替え・保管を含まない許可の場合は、積替え・保管をすることなく、排出事業者のところから、中間処理業者等のところに産業廃棄物を直送しなければなりません。(ルートを回りながら積み増していくことは可能です。)
別の車両に積替えたり、保管場所で一定量たまるまで保管しておくといったことはできません。一時的に、自社の駐車場等で運搬車両を朝まで駐車しておくといったようなことは問題ありません。

最初は積替え・保管を含まない収集運搬業許可を取得しておき、一定の準備ができた段階で、後から積替え・保管を含む収集運搬業許可に変更することも可能です。

  • 当事務所では、「(特別管理)産業廃棄物収集運搬業許可/積替え・保管を含まない」の許可申請サポートをメインとしております。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@sanpai-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab